勤務日記3

勤務してみて交流を深めて子どもの個性を見つけ、本人のやりたい気持ちを尊重できるようにしたいと思いました。

サポートする立場として圧迫感のないよう、子どもの輝いている姿をたくさん見つけれるように日々頑張っていきます!

小西